OPSA

たに任されたシステムの仕事、なんとか解決したい

IT技術の急速な発達により事業規模の大小にかかわらず、どの企業においても今までにないスピードある変革が求められる時代となりました。
その上、昨今の厳しい経済状況を乗り越えていくには、IT技術の導入は決して無視できないものではないでしょうか。

しかし導入を検討する際、以下のようなことでお悩みになるかもしれません。

  • 「システム構築はシステム会社に依頼をしているが、担当者との会話にまったくついていけない。」
  • 「業務効率を上げるためにパッケージの導入を検討しているが、種類が多すぎて何を選んでよいか分からない。」
  • 「システムの見積もり依頼をしたが、金額の妥当性がわからない。」

また、以下のようなことをお考えになるかもしれません。

  • 「システムを委託して運用しているが、社員の技術教育を行い内製化を図りたい。」
  • 「どこからでも管理ができるように、現在利用しているシステムをWEB化したい。」
  • 「店舗を複数持っているがいくつかの店舗では利益が見込めないので、そろそろネットショップに切り替えを考えたい。」

社内にシステムの知識を持った担当者がいれば解決可能ですが、そうではない場合、やりたいことが明確だったとしても進むべき方向がわからず、不安で胸が一杯ではないでしょうか。


ステムとの「橋渡し」として「わかりやすく」伝えること

弊社は、お客様に対し「システムとは何か?」について具体的なイメージを描いて頂けるようにお手伝いをする、
システムとの「橋渡し」を行う人材が必要不可欠と考えます。

システム導入の必要に迫られた時、
IT知識が少ないお客様やシステム開発との接点がないお客様は
「システム作りにおいて何が必要か」についての具体的なイメージが湧きにくく、
何から聞いて良いのか?もしくは何を伝えれば良いのか?がわからないためにお困りになるのではないでしょうか。

一方、システムについて語るとき、エンジニアの間で当たり前のように使う専門用語や知識は
一般的には大変わかり辛いものです。
しかしお客様とコミュニケーションをとる機会が少ないエンジニアは
何が専門用語に当たるのかがなかなか理解できないため、
お客様のご相談を適確にお受けすることができません。

営業が窓口になる場合、今度は技術的な背景にもとづいた専門的な知識が不足するためにスムーズなやり取りが難しく
多くの手間がかかることがあります。

ご相談を頂く上では

  • 担当者にシステムへの深い知識があることを前提に
  • 「IT技術の理解」という高い壁を下げ、お客様にとってフラットでわかり易いご説明し
  • システムへの明確なイメージをお持ちいただくこと
が非常に重要です。

その為、エンジニア自身がシステムとの「橋渡し」としてわかり易く伝える能力を身に着ける必要があります。

弊社があえてスクール事業部を独立して運営している理由はそこにあります。

スクール事業部では具体的な解決策として次のような役割を担っています。

クール事業部の役割

  • システム構築前にお客様が感じている難解なイメージを、 わかり易く具体的なイメージへ落とし込むお手伝い
  • システムの必要性は感じているが、何から手をつけていいか全く分からない人への相談窓口
  • システム運用時にあたり 「お客様だけで出来ること/サポート付きで出来ること/出来ないこと」の切り分け
  • お客様のスキルアップをサポート
  • 「お客様の立場にたって物事をわかりやすく伝える能力」等の社内教育
上記の役割を担うスクール事業部では、お客様へ万全なサポート体制を整えるために様々な取り組みを行っています。

その他にも

  • 一般・法人向けのIT関連技術の講座
  • 異業種交流会
  • ゲスト講師による最新技術セミナーの企画運営
などの活動も積極的に行っております。

私たちは、「自分が知らないことを知っている友人に聞くように、気軽に相談できる」存在でありたいと考えています。
もし「まだ見たことがない、新しいITの扉を開けてみたい!」、とお考えになったらぜひフォーワンファースト スクール事業部までお気軽にご連絡下さい。

次回は、弊社スクール事業部の役割と内容についてより具体的にご紹介させて頂きます。

OPSAのサイトはこちら


メンバー紹介 | Member

  • t.kawayama
  • ソリューション事業部

ご意見箱| Feedback

For One Firstのサービスに関して
ご希望やご意見をお聞かせ下さい。


※こちらからの投稿にはお返事ができません。
お返事を要するご用件についてはお問い合わせからお願いします。