会員制記事の購読をご希望されるお客様はコチラより
ログインまたは会員登録してください。

パスワードをお忘れの方はコチラ

新規登録はコチラ

 


すぐ始められるWEBマーケティングリサーチVol.2

2010 年 10 月 8 日 投稿者: 井上 晋助

すぐ始められるWEBマーケティングリサーチVol.2

Webサイトを運用されている人のための、Webにおいてのマーケティングリサーチ手法を紹介していきたいと思います。前回は、キーワードリサーチする際の便利なツールをご紹介しましたが、今回は具体的に、フェレットプラスを利用し調査していく方法をご紹介したいと思います。

<Ferretプラスを利用したWebマーケティングリサーチについて>

今回は、インテリア商材を扱っているネットショップをケーススタディごとに利用方法を解説していきたいと思います。

■ケーススタディ1:新たな商材を仕入れるため世の中のニーズを知りたい

この場合は、キーワードランキングツールを利用します。このツールは、数年間月単位の検索回数ランキング10,000位までを掲載しております。具体的には、世の中の検索エンジンを利用して検索を行っている人が検索をしておりますが、多く検索されたワード順にランキングが公開されております。

以下の例は、インテリアの商材の参考になりそうなキーワードをピックアップしている例です。iphone4というキーワードに着目し、このキーワードをヒントに、想定する新たな商材をピックアップしていきます。

 

例えば「IPHONE 4」というキーワードをヒントに新たに仕入れる商材を考えてみると、スマートフォンや携帯電話の背面部分にペタッと貼り付けられる携帯スタンド(IDEAさんの iRabbit)などを仕入れ商材のひとつとして検討することができるでしょう。

 

IDEA LABEL(イデアレーベル) iRabbit(アイラビット) LDE003

■ケーススタディ2:競合他社でどのような検索キーワードで検索されているか知りたい。

直接このようなニーズはないかもしれませんが、フェレットプラスには、秘密ワードという機能があります。これは、気になるサイトがどのような検索キーワードで検索されているか判ります。ただし、キーワード数はそんなに多くないので、あくまで参考程度と考えておきます。

以下の例は、インテリアショップ大手のフランフランさんの調査例です。

このように、フランフランさんのサイトには、ヨガマットやアロマ加湿器を調べて流入してきている人がいることが判ります。

■ケーススタディ3:扱っている商材がどのくらいニーズがあるか知りたい。

今、扱っている商材がどのくらいニーズがあるのか知りたい場合は、キーワードアドバイスツールを利用します。以下の例は、ルートートというバッグのニーズを調べたものです。これにより、ニーズがどの程度あり、どのような推移で人気が出てきたか推測することができます。

下図は「ルートート」において検索回数を調べた所2010年8月度で1300回と判明しました。

ルートートの検索回数調査

下図は、2009年7月から2010年8月までの検索回数推移、複合キーワード数を上図の詳細ページへ遷移して表示された結果です。

上図の結果だけでは断定はできませんが、去年から比較すると流行がひと段落したように考えらえます。

このような形でいろいろとWebで商売されているポイント、ポイントで役立てることが可能です。

次回も、フェレットプラス以外にもツールを利用したWebマーケティングリサーチを紹介していきたいと思います。




コメントフォーム

コメントを投稿するにはログインしてください。

現在、この記事へのトラックバックはありません。

トラックバック URL

井上 晋助/shinsuke_inoueのつぶやき


おススメ記事