会員制記事の購読をご希望されるお客様はコチラより
ログインまたは会員登録してください。

パスワードをお忘れの方はコチラ

新規登録はコチラ

 


ツイッター企業事例 ~ツイッター経由で6.5億円!~

2010 年 8 月 5 日 投稿者: 井上 晋助

ツイッター企業事例 ~ツイッター経由で6.5億円!~

ツイッター企業事例~ツイッター経由で6.5憶円!~
前回は、米国のニューオリンズ市のビザショップ「ネイキッドピザ」をお送りしました。
今回は、コンピューター製造、販売、流通を展開を行っている米大手「Dell」の事例を紹介します。

Dellの事例

このDellの事例は、ツイッター(Twitter)で成功したとされる代表的な事例なのでご紹介します。




Dellはツイッターアカウントを数多くもっており、そのアカウントを目的別に使いこなしております。
例えば、国別のアカウントや、セール用のアカウント等があります。

いろいろなアカウントの中で、「delloutlet」というものがあり、このアカウントについては2010年6月30日現在でツイッター経由で売り上げた累計が650万ドル(約6億5千万円)とも言われております。

フォロアー数は2010年8月5日現在、約155万ユーザーとなっており、日本の「ユニクロ」の8万5千ユーザーと比較すると驚異的なユーザーを抱えており、開始時期も2007年5月1日というアドバンテージもありますが、米市場と日本市場との大きさの差を感じます。

実際にどのようにこのツイッターを利用して売上を上げたのか紹介します。



仕組みはとしては、ツイッターでDell製品のアウトレット情報をつぶやき、
それを見たユーザーがそのつぶやきにリンクされているアウトレットサイトのURLをクリックして、アウトレットサイトに訪れ、購買するという流れになっております。

主だった施策をまとめると以下の通りです。

  • Dellアウトレット新製品情報をURL付きでツイッターで配信
  • Dellアウトレットクーリングオフ期間中の開封済みの返品製品で、工場にて完全な動作検証を確認した“新装整備品”の販売 等をURL付きでツイッターで配信
  • ツイッター限定クーポンを、ツイッターで配信

上の施策の2番目においてですが、
どこの企業も在庫が増えると、倉庫代や経費など在庫コストが増加するという問題を抱えております。

但し、Dell自体は受注生産システムは確立しており、在庫がでない状態になっていたのですが、返品製品による在庫ストックという問題にぶつかったのです。
この返品在庫は、持ちたくないけど持たざるおえない在庫であり、これをどうにかしたいとDellは考えておりました。その中でツイッターユーザーに対して、ニーズが合う情報をリアルタイムに配信していき返品在庫を消化していく方向に切り替えていったのです。

また、Dell自体は、この「delloutlet」アカウント以外の使い方として、意見箱のような顧客の生の声を受け付けるアカウントを作っております。
このアカウントは、実際にいろいろな意見を受付け有意義だと感じたツイッター投稿意見を参考にして、実際に実行していき顧客満足度を上げるための活動の道具としても利用しているようです。

製品製造を行っている日本企業でも、この事例はそのまま応用できるところは多いのではないでしょうか。

今回の日本企業でも応用できそうな施策チェックポイントをピックアップしました。

  • アウトレット在庫商品の特価販売 : アウトレットの在庫情報をツイッターを利用して特別販売していく。
  • 独自クーポンを発行 : いろいろな特売情報に混ぜてツイッター限定のクーポン情報を発行する。

何かヒントになれば幸いです。


参考記事:



コメントフォーム

コメントを投稿するにはログインしてください。

トラックバックとピンバック

  1. [...] ツイッター経由だけで月300万を売り上げている日本ツイッター達人企業がいるのをご存知ですか?今回紹介する事例は、ツイッターを利用しているユーザーではお馴染みになってきている『豚組』さん(以下敬略)です。前回(Vol1,Vol2)までは米企業を中心に紹介しましたが、『豚組』のように日本でも本当に上手くツイッターを活用し、実際に結果を出されております。類似の商売だけでなく、いろいろな企業も真似したくなる内容と秘訣の情報を厳選し、前編と後編にわけてご紹介していきたいと思います。 [...]

トラックバック URL

井上 晋助/shinsuke_inoueのつぶやき


おススメ記事